銘菓の受け継ぐ伝統

人気の15個入りセット-しほみ饅頭

「風さそう  はなよりもなを・・」と辞世の句を詠んだ浅野内匠頭長矩。
元禄の頃より「塩の国」としてその名を知られていた播州赤穂藩の三代城主は風流をこよなく愛し、ことに茶の湯に造詣の深い人物でした。
塩をかくし味に使った饅頭は「正月事始の雅」には京洛の宮家や江戸の将軍家への献上菓子にも用いられるほど珍重されるようになり、 赤穂義士の討ち入り後は、
「義士まんじゅう」「大石まんじゅう」ともてはやされて播州赤穂の名をさらに高めたとか・・・。
 そして、時は移りかわって天保の時代、当時江戸で「名人」の名をほしいままにしていた江戸屋藤治郎、平兵衛の父子が播州赤穂にまねかれ 「赤穂まんじゅう」に改良を重ねて、真っ白な落雁風の皮、そしてあんにひと塩を加えた、現在の「しほみ饅頭」が完成しました。 藩の経済を潤し、長矩という心ゆたかな人物を創出し、そして後世に残る 銘菓「しほみ饅頭」をも生み出した播州赤穂の塩。 自然の恵みは歴史を、人を、そして伝統をも育てる力を秘めているといえそうです。
 今日では迎賓館で国賓をおもてなしするお茶席の菓子にも用いられる総本家のかん川の「しほみ饅頭」。 自然の恵みを銘菓へと昇華させた名匠 藤治郎親子の秘伝の技を今に受け継ぎ、三百余年の歴史とともに研鑽を重ねつつ日本の菓子文化に貢献する老舗として、「総本家 かん川」 のあゆみは続きます。

受け継ぐ伝統に真心を込めて

ひとつひとつ、真心を込めて作っております。製菓の流れを簡単に解説♪

寒梅粉の調合寒梅粉の調合 型枠へ型枠へ
餡を詰めます餡を詰めます たっぷりの餡たっぷりの餡
型枠から外して型枠から外し 抹茶のしほみ饅抹茶しほみ饅
生地を捏ねて 焼いてます

ひとつひとつのお菓子が生き物です、毎日毎日、皆様に喜んでいただけるよう丹精に職人が作っております。


What's New

2014/04/01
本日からの消費税率アップを受け、業界でも食材が次々と値上がりいたします。 当店でも大変不本意ではございますが、商品の価格を4月1日より改定させていただきます。
2014/01/04
新年あけましておめでとうございます 本年も何卒よろしくお願い申し上げます
2013/01/04
新年あけましておめでとうございます 本年も何卒よろしくお願い申し上げます
2012/07/15
※ショッピングご利用の皆様へ。Gmailご記入の場合、メールが届かなかったりする不具合が見られますのでご注意くださいませ。違うメールアドレスでのご利用をお試しください。
2011/08/15
お待たせいたしました、ホームページリニューアル完了。
2011/07/31
ホームページリニューアル中です。
2011/04/24
ホームページリニューアル中です。
2010/12/01
ホームページリニューアル中です。

播州銘菓 しほみ饅頭

播州銘菓 しほみ饅頭


夕月 (焼菓子)

夕月 (焼菓子)


塩かま (焼菓子)

塩かま (焼菓子)


大石もなか

大石もなか


傘の雪・忠臣蔵(三笠)

傘の雪・忠臣蔵(三笠)